フォトアルバム

Powered by Six Apart

公益財団法人日本無線協会

  • http://www.nichimu.or.jp/
    アマチュア無線技士など無線従事者国家試験を行っています。

2018年7月20日 (金)

喜寿の海外自由旅行~ワシントンDC,トロント、ナイアガラ、モントリオール~

 4月30日~5月14日のゴールデンウイークを利用して、学生時代から念願だったUSA首都ワシントンDC、CA東海岸のトロント、ナイアガラ、モントリオールを見物してきました。 アメリカ、カナダの入国に必要なESTA(14$),eTA(15CA$)はインターネットで簡単に取れます。(エージェントに依頼すると5~6000円かかる)航空チケットと旅行保険は大手の旅行会社に依頼しましたが、ホテルに直接インターネットで予約・解約が期間内であれば違約金なしでできます。(日本語案内あり) 両国とも航空機搭乗の際の荷物と身体検査が非常に厳しく、手荷物、靴、ベルト、上着、帽子を預け、金属探知機で全身を調べられ、ボディチェツクもされます。 また、入国審査ではパスポート審査、両手の指紋、顔写真撮影が行われ、英語による簡単な質問がありますが、心配するほどではありませんでした。 (youtubeで海外旅行を検索するとよい) 以下参考にして下さい。①スマホと移動国際WiFiは必需品です(ホテルには無料WiFiがあります)②旅行保険に加入していたほうが良い(病気、怪我、航空機トラブル、盗難などに対応)③博物館や劇場でも手荷物検査が厳しいので、最小限にするく④高額な現金は持ち歩かない、カード決済が主流です⑤置き引き、ひったくり、スリなど盗難に注意する。

Img_1322_3          国会議事堂

   

Img_1494_2             リンカーン

2017年8月12日 (土)

ユニークな郷土料理と産直品「伊都安藏里」

Img_0274

Img_0258

 糸島市の筑前前原駅から白糸行きのバスで南方向へ約6Km、八反田で下車すると右手に「伊都安藏里」の看板が見えます。 県道大野~二丈線の途中で、隣接して長糸小学校や公民館があります。 入り口が狭く建屋は民家風なので要注意。 大正時代創業の「福寿醤油」という蔵元で献上するほど有名だったそうです。背振山系白糸滝の下流で水質がよく、1km下流には、はね木絞りで有名な「白糸」酒造もあります。   行楽シーズンや週末や食通の女性客が多いので予約されたが良いでしょう。

Img_0279

Img_0278

Img_0277

Img_0261

Img_0270

Img_0262

Img_0260

 

Img_0255

Img_0257

Img_0285

2017年3月10日 (金)

第16回西日本ハムフェアの講演会を担当しました

去る3月5日、福岡県京都郡苅田町の日産自動車九州工場体育館およびゲストホールで第16回西日本ハムフェアが開催されました。 九州・中国・四国から約2000名のアマチュア無線愛好家が中古無線機などのジャンク市に殺到しました。 ICOM、KENWOOD、スタンダードバーテックスYAESUの無線機メーカーや測定器・アンテナなど周辺機器メーカーはじめ関東・関西からも販売店や趣味のクラブ出展で70のブースが一杯でした。 正門そばのゲストホールには九州工場で製作しているPHV車など5機種が展示されています。 今回は5題の講演がありましたが、特に國廣光秀氏の「FM放送受信で7日前に地震予知ができる」には70名以上の聴衆が熱心に聞き入りました。冒頭、関西淡路大地震や6年前の東日本大地震と昨年の熊本地震などで2万人の死者が出ており、地表波の連続観測で「地震は予知できる」という持論を強調され、「地震予知はできない」という学者や気象庁に一石を投じる内容でした。地面と地面がずれるときに地球内部で電磁波が発生しますが、FM放送波に影響してノイズが発生します。 この状況を連続観測すると波形が異常に大きくなり、数日前から早い時は7日前から生じていることに気づいたそうです。 國廣さんはJYAN研究会を立ち上げ(http://jyan.biz/)10年前から測定を続け地震予知学会などで発表されました。 現在は全国で40局以上のアマチュア無線家が協力しており、興味のある方はjh6ara@jarl.com に連絡して下さい。

2016年6月17日 (金)

 新四国八十八ヶ所霊場 真言宗「法安寺」ぼけ封じ三門

Photo_13

  住職の説明によると、真言宗善通寺派 法安寺は大日如来を本尊としているが、戦国時代豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、あらぬ嫌疑を受け所領没収配流となり落城した岸岳城主波多三河守一族および殉死した家臣の霊を祀っているそうです。 大正12年に開山され、昭和27年に信者によって追善供養が営まれ、その際に岸岳城巨岩に釈迦涅槃像、不動明王、弘法大師、蛇体不動など百体以上を浮き彫りにして、新四国八十八ヶ所霊場を建立しました。 寺正面にぼけ封じ三門があり、お教を唱えながら梵鐘をつき三門をくぐるとボケないそうです。 糸島市二丈の西九州道が無料となり参拝客がふえたようです。 

Photo_2

Photo_3

4 

Photo_12

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

 

Photo_11

 

2015年3月24日 (火)

はね木搾り「白糸酒造」蔵開き~ミュージシャンライブも~無料

                       はね木しぼり「白糸酒造」のフェスタ

 4月11日(土)、12日(日)糸島市長糸の白糸酒造では蔵開き試飲フェスタが開催されます。 今回はミュージシャンのライブ演奏も企画されており「のんべー」もハンドルキーパーも楽しめるようです。 参加無料。 JR筑前前原駅北口よりシャトルバスも運行されます。 白糸酒造から佐賀県方面へ2kmほど長野峠を登ると有名な「白糸の滝」で山女釣りが楽しめます。 駐車場も整備され、近くに玄海国定公園が一望できるオートキャンプ場もあるのでドライブがてら糸島へいらしゃーい。

Tulips

2015年3月 9日 (月)

第14回西ハムの賑わい

 3月8日(日)福岡県京都郡苅田町で開催された第14回西日本ハムフェアは好天に恵まれ1500名以上の参加者で賑わいました。 前回から苅田町日産自動車九州の体育館やゲストフォールを借用して年一度のアマチュア無線愛好家のフェアを開催しています。 主催は一般社団法人 日本アマチュア無線連盟九州地方本部(本部長JA6BXA 河喜多 勝)、協賛は総務省九州総合通信局、苅田町、無線機メーカー各社です。 お目当ては格安ジャンクあせりで、デパートの売り出しセールや処分市と似ています。 衣類や食品が新型無線機や測定器にかわっただけでなく、実は無線愛好家同士のアイボール(eye Ball)が楽しみなのです。 今回は青木小夜子さんと仲間のボーカル演奏や地元お寺の応援隊が蕎麦を格安で提供しました。 

H2738_003       入場を待つ人並み

H2738_005_2       九州総合通信局長(代)のテープカット

H2738_010   「理事と語ろう」に出席したJARL理事

H2738_014青木小夜子さん(右端)ギターボーカルの渡部まいこさん

Img_9393

Img_9247  

    ラジオ組み立てする少年たち

Img_9269福岡県電波適正利用推進員(九州総合通信局長委嘱)

 による組み立て指導

Img_9312   小学校の低学年でも組み立てできます

Img_9313        科学者のたまごたち

H2738_017  8J6HAM記念局を運用する少年ハム

H2738_018       この通りの賑わい

 

2014年5月 8日 (木)

5月11日(日)白山神楽(糸島市二丈福井)奉納に行ってきました。

 糸島市二丈福井(旧糸島郡二丈町)白山神社(092-326-5916)の福井神楽(かぐら)が5月11日正午頃から奉納されました。 神話の天岩戸をはじめ23番、里神楽はこっけいな動作の踊りが楽しめます。 中学生6名が神楽師の後継者として勉強中で、神角力(かみすもう、神代の力比べの舞)では2名がダイナミックな技を奉納しました。 近くの「ふくふくの里」では地域の農・海産物を安く販売しています。 西へ2KM行くと、吉井で「マムシ温泉」が楽しめます。 マムシ温泉を浮岳方面へ走ると、佐賀県富士町の風光明媚な川上温泉郷があり、隠れ温泉で有名な「古湯」がありますよ。

H26_003 白山神社 用命天皇の時代に加賀国の白山比羊大神を勧請したと伝えられる。祭神は菊理姫命など

H26_011 金鬼 金の神様、手には剣を持って舞う

H26_021 

H26_029 

H26_048 

H26_054

天の細目之尊(あめのうずめのみこと)岩戸の前で滑稽な踊りを、手に幣と鈴を持って舞う。天照大神は八百萬の神達の笑い声で、岩戸を少し開ける。H26_055 H26_060

2014年3月 5日 (水)

第13回西日本ハムフェアの報告

 3月2日(日)福岡県京都(みやこ)郡苅田町の日産自動車苅田工場の体育館およびゲストルームで第13回西日本ハムフェアが開催されました。 前日の夕刻から恒例の前夜祭が行橋市京都ホテルで開催され、参加82名で賑わいました。来賓の吉廣啓子苅田町町長は阪神・淡路大地震、東日本大地震や台風等の災害時や山岳・海上遭難の救助などにアマチュア無線が活躍している例をあげられ、1500名の参加者で町が活性化する旨のお礼を述べられました。 昨日までの雨も上がり、10時に九州総合通信局管理部長と関係者によるテープカットで1000名が会場に雪崩こみました。 いち早く「お宝無線機や部品」を手にいれるためで、デパートのイベントと同じです。 筆者は「アース電波による地震予知」JH6ARA國廣氏の講演の司会を行いました。 演者は「FM放送電波の強度と地震発生の関連」について日本地震学会等で何度も講演されており、広くアマチュア無線家に呼びかけ、インターネット回線を利用した情報ネットワークを展開されています。 地震発生の前兆として、昔から諺があるように、蛙の異常な鳴き声や集団移動、ナマズが騒ぐ、四足動物の異常な行動のほか雲や山鳴りなどの異常な自然現象も電磁波(電波)の異常と関係があるという論理を、連日FM放送の電界強度を測定されたデータで説明されました。 (注FM放送は直進波で電離層反射をしない周波数帯です) 講演終了後すぐ「電波教室」(福岡県電波適正利用推進協議会協賛)に駆けつけ20名の子供たちのラジオ製作の加勢をしました。 このイベントは子どもの理科離れを減らすために、自作したラジオで放送を聞き、電波に興味を持たせるという目的で開催しています。

 

H26 

H26_2 

H26_3 

034 

H26_4 

H26_5 

Photo

2014年1月17日 (金)

国際宇宙ステーションとリアルタイム交信があります。

地球から400Km上空を飛行している国際宇宙ステーションISSに若田光一飛行士(アマチュア無線技士)が船長役で滞在しています。  2月4日(火)18時から九州大学箱崎キャンパスでリアルタイムに若田さんとの交信が実施されます。 こども達10名と小川県知事などがマイクを握ります。 詳細はhttp://www.ambitious.pref.fukuoka.jp/  を参照してください。 

2013年9月14日 (土)

田んぼアートの作り方~糸島市二丈吉井~

糸島市二丈吉井は南西部が佐賀県に接する自然ゆたかな農・魚村です。 9月14日(土)は地域おこしで有名になった「田んぼアート」のイベントに出かけました。 案内係りに田んぼアートの作りかたを尋ねたところ、①田んぼ一反(300坪)一面に赤米の苗を植える②根づいた頃、写真を撮影してパソコンでアートを描く③描いた絵文字に沿って綱を引く、赤米苗を取り除く④取り除いた部分に普通のうるち米の苗(緑の穂がでる)を植える・・・⑤秋まで待つ・・・アートや絵文字が綺麗なのはこんな仕掛けがあったのです。 九州大学の学生も手伝って、今年も見ごろとなりました。 にわかカメラマン・・・赤米弁当の試食、赤米もちや農産物土産を買ってしまいました。 近くにマムシ(毒蛇)の解毒作用があるという霊泉「マムシ温泉」、新鮮な安い魚介類で有名な「ふくふくの里」、神楽で有名な「白山神社」があります。

012_2

 

続きを読む »